toggle
November-24-15

『木片キューブリメイク』

day11.24

_MG_4668

すっかり寒くなってしまいました、秋というかもう冬ですね。
お鍋が大好きなodakaです。しいたけが特に大好きです。

ハロウィンが終わってしまいましたがもう次はクリスマスですね!
お店や遊園地もすっかりクリスマスムードでなんだか楽しくなってきます。
(飾ってあるプレゼントボックスとか開けたくなっちゃいますよね)

今回はこの木片キューブを使ってクリスマスチックなインテリアを作ってみようと思います。

_MG_4660
大きめの100円均一ショップならバリエーション豊富、
端材などを使ってもいいと思います。

_MG_4663
左は塗装前、右は塗装後です。塗るだけ塗ってノープランです。

 

何だか色を塗っただけでかっこよくなった気がしますね。
何を作ろうかなあと悩み悩んで作った物をいくつかご紹介します。

 

大き目のキューブに布を巻いて、別の布のワンポイント部分を切って貼り付けて本みたいにしてみました。
側面は薄めに白く塗ると木の質感のおかげでページ部分のように見えるのがポイントです。

_MG_4669
余ってた布で作りました。

マスキングテープを巻いたでもなんだか1つのインテリアのよう。

_MG_4675
大きめのマスキングテープがおすすめです。

キューブは小さいので余った紙や取っておいた包装紙の切れ端で包めちゃいます。

_MG_4672
英字の包装紙を麻の紐で縛るだけでプレゼントに。

 

最後はクリスマスらしく、スノーマンとプレゼントを作りました。
事務所の入り口でお出迎えしてます。

_MG_4666
メリークリスマス!

キューブを3つ白く塗り、目と鼻とボタン部分はクラフト紙に色鉛筆で色を塗って
すこしざらついた質感を出しました。

口は麻の紐を少し切って、にっこりするように癖をつけてボンドでぺたり。
手の部分には細い木の枝を使い、目立たないように白いマスキングテープを貼ってみました。
帽子はミルクポーションの容器をベースに色紙とクラフト紙をちょこちょこ切って完成です!
プレゼントボックスの包装には英字新聞を使ってみました。

 

工夫次第で色んな物が作れる木片キューブ。
キューブの形を生かしたり、色んな物を組み合わせたり
楽しみながら作ってみてはいかがでしょうか?


この記事の担当

odaka

 

関連記事