toggle
June-10-16

『腰壁をDIY!』

day20160610

P5243300

 

こんにちは。shibataです。
今年は早くも梅雨入りしてしまって、気分がどんよりしています。

今回は、事務所のキッズスペースの腰壁の塗装に挑戦しましたよ!


P5243283

始める前に、マスキングテープで塗りたくない部分を覆います。
こうすることで多少はみ出してしまっても、
壁に色がついてしまうことを防げますよ!

P5243286

床にもテープ付きのビニールシートを敷くとこぼしてしまっても大丈夫です!
こちらはホームセンターなどで売っています。

P5243290

コンセントの部分もしっかり覆います。
(剥がしやすいように貼ることをオススメします)

P5243291

使う塗料はオールドビレッジのバターミルクペイントというもので、
色は5-9Dressing Table Blue (ドレッシングテーブルブルー)を使用しました。
薄いブルーグリーンのような色で、落ち着いたカラーです。

バターミルクペイントは、アメリカの開拓時代に使用されていたものだそうで、
ミルクが主成分で、天然の顔料で出来ている自然塗料です。

ジョイフル本田にも売っているそうです。

P5243294 P5243296

底に塊があったりするので、しっかり混ぜ合わせます。
(突っかかるものがなくなればOKです)

しっかり混ぜ合わせないと綺麗に色が出ないので注意です。
割り箸などで混ぜると良いと思います!

P5243328

キッズルームの腰壁は予め白い塗料が塗ってあったので
いい感じにアンティーク調になりました!(笑)

アンティーク調にしたい場合は一度下地でムラなく塗装して
完全に乾かしてから重ねて塗装すると良いと思います。
たっぷり塗る、というより、刷毛に少量付けてシャカシャカ塗る感じにすると
アンティーク風になると思います。

shibataはこういった作業が結構好きなので、終始楽しかったです。

P5243323

今回は薄めに塗装したので、2~3時間程度で乾きました!
乾いたらマスキングテープを剥がします。
(shibataはコンセント部分を頑丈にしてしまったので剥がすのに苦戦しました)

P5313646

完成形がこちらです。
テーブルの色とも上手く合っていて、とても良い空間になりました!

DIYがお好きな方、興味がある方、
是非試してみてください。


この記事の担当は
shibata

関連記事