toggle
August-20-16

神奈川県『箱根ガラスの森美術館』

day20160820_02

_MG_8065

お久しぶりです、odakaです。
暦の上では秋ですがまだまだ暑いですね。

夏休みですが、ぎりぎりまでどこに行くか悩んでいたのですが、箱根にいってきました!

_MG_8040
車内弁当を食べるのが大好きです。

新宿からロマンスカーでお弁当を食べ食べ、1時間ほど景色はすっかり山々。

 

箱根湯本駅からバスで40分ほど乗り、ガラスの森美術館に行きました。

_MG_8056

ガラスの森美術館は今年で20周年だそうです!

何度か来たことがあってその都度催し物をやっているのですが、
今回は「クリスタル・トリオ・アンサンブル」というヴェネチアで活躍するガラス楽器演奏家のコンサートをやっていました。
ちょうど受付でスタッフの方に「もうすぐ始まりますよ!」と教えてもらい、
館内に入るとすでにたくさんのお客さんが。私もがんばって背伸びをしながら見てました。

楽器は全部で3つ、グラスハープ、ベロフォーン、グラスパンフルートの3つ。
どれも聞いたことのない楽器ですね。
_MG_8080
これがグラスハープ。

グラスハープは水の入った大小さまざまな大きさのグラスに精製水で濡らした指で
グラスの縁をこすり、音を響かせるという楽器です。

_MG_8081
ベロフォーン。
ベロフォーンも大きな試験管のようなガラスの筒をこすり、音を出します。マリンバのようにも見えますね。

_MG_8079
写真右下の椅子に置いてあるのがグラスパンフルート。奥で奏者の皆さんがサイン会してます。

グラスパンフルートはその名の通り大きなパンフルートがガラスで出来ています。
肺活量がかなり必要とされるそうです。

ガラス楽器が奏でる透き通った不思議な音色で日本の伝統曲を披露し、みんなで歌ったり、
アンコールではもののけ姫の曲を演奏してくれたり、あっという間の演奏会でした。
公式サイトで実際の演奏の動画が視聴できるのでぜひ見てみてくださいね。

 

_MG_8082
クリスタルのアーチはなんとも幻想的!
室内だけでなく、外にも楽しめるスポットがいっぱい。
美術館に居ながら山の中を散策している気分で結構歩けます。
_MG_8095
階段を下りていくと・・・。

_MG_8098
アーティスティックなガラス作品が。

ちょうど暑すぎない気持ちのいいお天気だったのですごしやすかったです。
また日傘も無料で貸し出ししてくれて、とっても親切。
ちなみに10月のハロウィンの時期に来た時はヴェネチアンマスクとマントを貸し出ししていて、イタリアのハロウィン気分でとっても楽しかったですよ。

_MG_8090 _MG_8092
ガラスで作られたブドウの照明と某TV番組でも紹介されたナポリの伝統菓子「スフォリアテッラ」。
中にはリコッタチーズと、アクセントに砂糖漬けオレンジが入ってます。ちょっと難しーい名前なのでみんな注文するのに苦労してました。

そして7月末に生まれたばかりという仔ガモちゃんたちが美術館の池の周りをお散歩していて、
どこにいっても人だかりが出来ていました。カモグッズもありました。

_MG_8110
こんなにもフワモコです。

 

ヴェネチアングラス、ガラス工芸品、というと難しく聞こえがちですが、
光に反射してきらきら輝くクリスタルを眺めたり、イタリアンジェラートを食べたり、山の中を歩いたり、
ガラス製品の体験工房などお子さんでも楽しめる美術館なのでおすすめです!
レストランではカンツォーネの生演奏もやっているんですよ。

 

この後、強羅公園とおもちゃ博物館にもいくのですが・・・!長くなってしまったのでここまで!
次回をお楽しみに!

 


箱根ガラスの森美術館

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940−48

 


この記事の担当

odaka

関連記事