toggle
January-20-17

熊谷市妻沼町『大福茶屋』

day20170120 (2)

_MG_3225
いつの間にか2017年になっていましたね。
今年は散歩道をがんばりたいodakaです。がんばります!

お休みの日に他のスタッフと熊谷市妻沼町の大福茶屋さんにいってきました!
きっかけはそのスタッフが見せてくれたお店のカード。「二階がすごい良かったんですよ~」と言われ、
これは行くしかない!と思いカメラを持っていざ妻沼へ!

引き戸をガラガラ開けると本当に田舎のおばあちゃんち~という感じの懐かしいような暖かいお店。
畳なので小さいお子さん連れのお客さんもまったりされてました。

_MG_3219
下はおばあちゃんち風だそうです。

お店の方が「よかったら二階どうぞ」と声を掛けてくださって念願の二階席へ!

_MG_3220
階段も昔の収納箪笥階段!手すりにしっかりつかまって昇降しましょう。

二階はこんな感じです!わ~~~!和!

_MG_3195
畳が気持ちいいです。

_MG_3176
こんな素敵な席に通してもらいました。

なんでも二階は家具をいれただけで、本当に昔のままの状態でつかっているそうです。
壁の感じとかが味わいがあって雰囲気出てますね。

ランチもやっているのですが、行った時間がちょっと遅めだったので甘味にしました。

お汁粉とクリームフルーツあんみつです。

_MG_3218
なんだか昔のドラマみたいですね。

小豆は手作りだそうで、ほくほくとやさしい甘さが口の中でやわらかく広がって、
お餅のとろとろと絡めて食べるとあたたかくて思わずため息がでてしまいます・・・!

_MG_3211
冬のおすすめ!

そういえば小学生の時、国語の教科書にあったお話で、
野球部員が試合に勝ったらお汁粉を監督がごちそうする、という約束をして
みんなが一丸となってなかなかいいところまで進む、という物語があって、
子供心に「お汁粉っていいなあ・・・なんておいしそうなんだ・・・」と思ったことを思い出しました。

 

ちょうど他のお客さんが二階にいなかったので色々見ていると、

_MG_3178
な、なんだって?!

「小部屋にギャラリーを作ったので見ていってくださいね」と教えてもらい見に行きました。
中でやっていたのは、陶芸作家さんの陶器展!しかも買えます。(みどりは売り切れでした~)

_MG_3179
お茶碗やコップ、お皿などなど。

_MG_3186
私もdaimonもお茶碗を買いました。

_MG_3187
ひとつひとつが違う表情をしているお茶碗。

_MG_3188
抹茶のケーキとか置いたら似合いそうですね。

こちらの展示会はたまたま一週間延長してやっていたそうで、とてもラッキーでした。
また他の企画展も開催するかもしれませんね、楽しみです。

_MG_3222
一階ではお煎餅など個包装のお菓子もあります。

_MG_3223
もちろん和菓子もあります。

_MG_3221
ちょっとした手土産にもよさそうです。

お店の方もとてもやさしい方ばかりで、写真や掲載も快くOKを出してくださいました。
また、姉妹店のパン屋さんが本日1/20オープンだそうで、そちらも楽しみですね!
詳しくは大福茶屋さんのHP、SNS等をご覧ください。

_MG_3231
お土産に、メッセージつきの和三盆。かわいいです。

 


大福茶屋

〒360-0201

埼玉県熊谷市妻沼1537-2

TEL:048-589-1124

HP:http://www.daifukuchaya.com/


この記事の担当

odaka

関連記事