toggle
October-2-17

こどもクッキー

day20171001

_MG_2663

お菓子に目が無いodakaです。あっという間に10月になりました!
そして朝晩寒い日も増えてきました。お布団からでるのがつらい日々です。

今日は東京に行った時に見つけた、かわいくてやさしいお菓子をご紹介します。

 

_MG_2677
野菜のイラストがかわいいです。

その名も「こどもクッキー」。
このクッキーは小麦、卵、乳製品を使わずにつくられています。
なのでアレルギーのあるお子さんでも安心して食べられるお菓子なんです。

このお菓子をつくっている会社さんのことを少しご紹介しますね。
「禾」(のぎ)というお菓子の会社で、玄米やマクロビオティックのお菓子をつくっていたそうです。
ところが、2011年の震災の時に被災した子どもたちにクッキーを送っていたのですが、
小麦アレルギーを持った子どもたちが食べられなかったことを受け、
香川県産米粉を100%使い、アレルギーを持った子どもたちにも食べられるお菓子をつくる、
「おこめのおかし SWEETS AID」をスタートされたそうです。

 

_MG_2683
かぼちゃ、ほうれんそう、むらさきいもの三種類。

私が選んだのは野菜のクッキー。かわいい色と形をしていますね。
最初は「小麦も卵も使わないでクッキーの味するのかな?」と思っていたのですが。
さっくり、ほろほろ。
ふつうのクッキーよりもあっさりしていて、おいしい!
なんとなくたまごボーロに似ている食感です。

それから野菜の甘みがしっかり出ていて、かぼちゃも「あー!かぼちゃ~!」って感じですし、
ほうれん草も「お~!ほうれん草だ~!!」って感じがちゃんとしていました。(伝わりますか?)

_MG_2687

この他にも女の子用、男の子用など可愛いパッケージがあったり、
甘酒を使ったクッキーや、おからを使ったクッキー、
お米をつかったビスケット、玄米を使ったノンフライのお菓子など、
身体にやさしいおやつがたくさんあります
また、家庭でおやつ作りをする為の米粉や、甘酒クリーム、米粉のスポンジケーキなどもあるようです。

「アレルギーや食事制限を気にせずに誰もが安心して食べられるお菓子」がコンセプトのお菓子たち、
プレゼントにはもちろん、自分や家族へのおやつにオススメです!
冒頭の写真のようなハロウィンのパッケージもありますよー!

私は銀座のSALON adam et Rope 東急プラザ店で買いましたが、
このあたり(埼玉県北)ですと、以前ご紹介した高崎市のJAM COVERさんでも取り扱っているみたいです。
お店で見かけたらぜひおためしください!オンラインショップもありますよー。

 


 

禾-nogi-

商品の取り扱い店舗等はHPをご確認ください。

 


この記事の担当

odaka

関連記事